症状を知ることで腎臓病の兆候を察知~治療法を把握しよう~

医者

たんぱく尿と病気

医者

たんぱく尿は腎臓病の症状であり、糸球体の障害によって本来含まれるはずのないたんぱく質が尿に混じって排出されることです。たんぱく尿の治療には、ステロイド剤などの薬物療法とたんぱく質を制限した低たんぱく食を摂取する必要があります。

治療方法を知る

先生

腎臓病は、治療方法が確率されていません。なので、主に食事療法や薬物療法、保温、安静によって症状の緩和を行います。いずれの治療方法も家族のサポートが必要です。家族に腎臓病患者がいる場合は、医師にアドバイスを受けながらサポートをしていきましょう。

知ることは守ること

腎臓病の症状を知りたい方はこちらを参考にしてみてください。症状だけでなく、予防方法も掲載されているサイトです。

漫然としていてはいけない

先生

腎臓病にはさまざまな症状があり、原因もそれぞれ違います。腎臓は老廃物を体から排出し、血圧を調整します。また血液を造る指令を出し、体液量の調整の役割も担っています。体にとって重要な役目ばかりですので、腎機能が障害される腎臓病になると、体に大きな負担となる症状が出ます。尿毒症になると、意識障害、視力障害、心不全など重大な病気に直結します。早期発見、早期治療がなされれば腎臓病の症状を軽減することが可能となりますが、腎機能は一度失われると回復することがない場合が多く、手遅れになると大変です。病院で定期的に検査をして、蛋白尿、血尿、高血圧などがないか知らべてもらうことで、自分の大切な人生を守ることができます。

腎臓を健康に保つ

早期発見のために検査を受けることは基本的なことですが、自分でもチェックするポイントがあります。尿の色がいつもと違ったり泡だっていたりすると危険信号です。また尿に普段とは違う異常な匂いがするときも注意しなければなりません。足や顔がむくんでくると腎機能が不調である可能性がありますので、自分の体にも気を配りましょう。血圧測定器はいまや非常にポピュラーな存在です。自分用に購入し、毎日測定して異常値がでないか確認できます。また肥満は大敵です。腎臓に流れる血液の量が増え、蛋白尿が出る可能性が上がります。適度な運動、節酒、禁煙は現代人には必要不可欠です。あらゆる病気は不摂生から生じますので、多くのメディアで紹介されています。腎臓病の症状に悩まされないために、自己管理を徹底させましょう。

大腸の代表的難病について

医者

潰瘍性大腸炎は国が指定する難病の一つです。この病気の症状には、腹部の強い痛み・出血や膿を伴う水様便・体重減少や発熱などがあります。潰瘍性大腸炎の診断法として、血液検査・便の検査と大腸内視鏡検査がおこなわれます。